スウェーデンハウスができるまで|スウェーデンハウスが大好きな保険代理店「ニューズインシュアランス」

株式会社 ニューズインシュアランス

スウェーデンハウスができるまで

着工開始から完成までの流れ

STEP.01地鎮祭
建設工事の着工前、まずは地鎮祭。工事が安全に進んで、無事に立派なスウェーデンハウスが完成しますように。

STEP.02基礎工事
基礎工事開始。測量して、糸を張って、その糸に沿って石灰をまいていきます。さらに、石灰のラインに沿ってショベルカーで穴掘り。掘った穴には、砂利石を詰めていきます。丈夫で長持ちする家を建てるには欠かせない基礎工事ですのでしっかり、丁寧に。
砂利を詰めた穴のうえにコンクリートを流し込み、トンボを使って平坦に。その後、コンクリートのうえに逆T字型の鉄筋を設置します。下の部分を板で囲ってコンクリートを流し込み、さらに周りを鉄筋で囲んで、そのなかにコンクリートを……ここまでやって頑丈にならないはずがない、というくらいしっかりと基礎工事を行っていきます。
コンクリートが固まるまで4~5日待機。いい感じに固まったら床の骨組みをして、その上から断熱材を隙間なく敷き詰めます。スウェーデンハウスが高断熱で、冬でも暖かいのはこの断熱材のおかげです。

STEP.03階壁パネル立上げ
基礎工事が終わったら、1階壁パネルの立上げです。設置場所までクレーンでつり上げて運び、位置決めをしたあとにハンマーで叩いてぴったり固定します。立上げ開始から1階部分の「ハコ」が完成するまで、たった1日。在来工法よりはるかに早く、それでいて頑丈なのもスウェーデンハウスの特徴です。

STEP.04階壁パネル立上げ
1階のあとは、2階の壁パネルを立上げ。2階部分ができると、外から見たときのシルエットもすっかり「住宅」に。
床下に敷いた断熱材を天井裏にも。
階段も、完成品をはめ込むのではなく手作業で一段一段造っていきます。

STEP.04完成!
着工開始から○日、ついにスウェーデンハウスが完成です!

トップへ戻る